温泉旅館を選ぶ時に失敗しないためのポイントは

>

失敗例を参考にして考えてみる

失敗談も上手に活用する

失敗だったと言う情報は聞いて欲しいと思う部分が強いのか、詳細にコメントされている事が多い傾向にあります。

素直な感想がマイナス意見も事もありますが、何らかの悪意で書き込まれている場合もるので全て鵜呑みにするのではなく客観的に判断しましょう。

ホームページでは絶景と書かれていて、素敵な写真が掲載されていたのに実際に行ったら絶景でも何でもなくて写真に騙されたという意見があって、自分自身も景観を重視したいのであれば行ってガッカリするのが想像できます。

書き込まれた内容は自分にとってはマイナスとは限りませんから、詳細に書かれた失敗談が参考になる事も多いです。
自分の状況と照らし合わせて、宿泊する宿を絞っていきましょう。

気になる事は旅館と直接確認する

口コミの情報も古い場合もありますし、全てが本当なのかというと怪しい部分もあります。

シャトルバスの運行などは必要ならば旅館に直接確認しましょう。

他にも確認したい事があれば、旅館に直接メールや電話で問い合わせしてみる事をおすすめします。
その方が確実でもありますし、どんな対応をしてくれるかは見極めるポイントになるでしょう。

丁寧に応対してくれたり、質問に的確に答えてもらえると信用度がグッとアップするでしょうし、折り返し電話をすると言われたのに返事が一向に来なかったり、メールの問い合わせが何日たっても返信がないと適当に扱われた感じを受けますし、旅館のサービスの質も怪しいかもしれません。

口コミは参考にできる部分は参考にして、自分のプランと合っているかを自分で旅館と直接やり取りして確認しておくと旅館選びに失敗しにくくなるでしょう。